レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



レーシックの前には適性検査:レーシック情報ブログ:03 12 2022

皆様は、
「低炭水化物ダイエット」という
ダイエット法をご存知ですか?

聞いたことがある人も多いかもしれませんが、
このダイエット法は、
決して安全なダイエット方法とは言えないようです。

低炭水化物ダイエットというのは、
ごはんや食パン、めん類などの炭水化物を一切食べずに、
体質の中に蓄えられた皮下脂肪を消費させて
ダイエットをするという方法です。

ただ、
ごはんや食パンなどを一切食べないという方法は、
生活習慣病につながる恐れがあるそうなんです。

炭水化物を摂らないかわりに、
脂質やタンパク質は摂ってもいいので、
動物性の食品を多く摂ってしまいがちです。

そのために、
生活習慣病を引き起こしてしまう恐れがあるらしいです。

また、全く炭水化物を摂らない食べる事制限では、
糖質を減少させることができますが、
糖質というのは
人間の脳にとって必要不可欠な栄養素なのです。

糖質の摂取が極端に減ってしまうと、
脳にダメージを与えてしまい、
偏頭痛を起こしてしまう人もいるそうですよ。

さらに日本人の場合は、
腸の長さと関係があるようで…
便秘になってしまう可能性が高いようです。

わしたち日本人というのは、
昔からごはんやうどん、味噌ラーメンなどの
炭水化物が好きな人が多いので、これを食べないというのは
なかなか難しいことだと思いませんか?

このように低炭水化物ダイエットは、
体質の健康のことを考えると
危険性が高いダイエット方法だと思います。

やはりバランスの良い食べる事を摂り、適度な運動をして、
健康的にダイエットすることが望ましいですね。